結婚式で状況に適う電報を打つには

結婚式に対して電報を打つ場合、その文面を考えるのは意外に難しいものです。
あまりに完結過ぎる文面は味気なさが出てしまうのであまり良いとは言えませんし、忌み言葉等にも気を使わなければならないので自身が普段使いなれた文言では適さない可能性も考えられます。
また、挙式を挙げる本人と自身との関係性も考えなければなりません。
従って、結婚式の電報については少なくともその叩き台には文例を利用するのが無難と言えます。
挙式の場合はある程度文面にオリジナリティを発揮しても問題は無いので、文例から変更する形で打っても問題が無いですし、電報を受ける側としても基準となる文例が利用される事で言葉遣い等の問題も指摘し易くなる為です。

結婚したいなら美人じゃない方が得

今婚活中の女性で、自分の容姿に自信がない方にはぜひ知っておいていただきたいことがあります。
それは、結婚したいなら美人すぎるよりもふつうぐらいのほうがお得だということです。
なぜかというと、男性の心理では付き合う相手はとびきりの美人を選びたいと願う人も多いようですが、結婚する相手には顔は普通くらいの平均の女性を選ぶ傾向の方が高いそうですよ。
その理由として、結婚となると見た目の綺麗さよりも家庭的であるかどうかや、子供をきちんと産んで育てられるかどうかが重要になるため、素朴な見た目の女性の方が安心するからだと言われています。
美人な女性は家事や育児が苦手そうという考えがどうしても頭の片隅にあるそうですよ。